知っておきたい複合機リースの注意点 – コピー機リース情報探偵団

HOME » コピー機のリース情報 » 知っておきたい複合機リースの注意点

知っておきたい複合機リースの注意点

複合機は自分で購入するのではなく、リースで間に合わせる方法も一般的ですが、これももちろんメリットばかりではなく、デメリットと言える面もあります。
その両方を了解した上でリースを利用した方が、納得感も高まりますよね。
そこで複合機リースにかかるデメリットを注意点としてご紹介しておきます。

まず気を付けたいのは、リース期間と料金の仕組みです。
リース期間は数年単位でまとめて決められるのが一般的で、この期間で一度契約すると、途中解約はできません。
事実上の途中解約はできることもありますが、その場合も当初の契約期間通りにリース代金を支払って契約終了とするのが普通です。
実際に借りていた期間分だけ代金を払って、そこで契約を打ち切るといった途中解約はありません。
つまり一度契約すると、実際にリースしていた期間に関わらず、契約期間満了分のリース代金が必ず必要なんですね。
契約した時点でリース代金が満額で必要ですから、ここは注意してください。

その支払金額も、実際に複合機を購入したときよりも、高くなることがあります。
これは複合機の運用自体に多くの手間がかかっているため、そのお金がリース代金に反映される結果です。
たとえば税金がかかります。
複合機を自分で買うと固定資産税がかかり、複合機の所有者であるリース会社は、これを支払っています。
税額はもちろん、その税金を計算して申告する手間も、手数料としてかかりますよね。
これのほか、複合機も大きな精密機械ですから、貸出作業自体にも手間賃や手数料がかかりがち。
これら多くの手間がどうしてもかかるので、その金額がリース代金に反映されると、複合機を自分で購入したときよりも高くはなりやすいんですね。

これらのポイントのほか、リースの希望が絶対に通るとは限らないこともあります。
将来本当にリース代金を支払えるのかのチェックがありますので、コレに通らないと、どうしてもリースを受けられないことになりますね。

このように複合機のリースにも気を付けたい点があります。
リース前にこれらポイントは確認しておくといいですね。