コピー機や複合機のリースサービスの内容とは – コピー機リース情報探偵団

HOME » コピー機のリース情報 » コピー機や複合機のリースサービスの内容とは

コピー機や複合機のリースサービスの内容とは

会社やコンビニおいてあるようなコピー機・複合機を個人で購入する機会はあまりないかもしれませんが、これら機械を頻繁に使う事業を行う場合、自分の事務所に欲しいこともありますよね。
そんなときによくオススメされるのが「リース」です。
コレを提供しているリース会社もたくさんあります。
このリースのサービス内容について簡単にご紹介しましょう。

これは複合機やコピー機を自分で購入するのではなく、これらリース会社が購入した物を借りるサービスになります。
もちろん借り物とはいえ、自分のオフィスに設置できますし、一度借りたこれら機器は自由に使用できます。
そしてリースの利用者は毎月利用代金をリース会社に支払います。
利用者は自分でコピー機や複合機を買わなくて済みますし、リース会社は毎月リース代金を得られるというサービスなんですね。

この形で設置したコピー機や複合機は、見た目は自社の持ち物のように見えますが、あくまで借りものです。
リース期間は契約時に決められますので、この期間が過ぎたらリースは終了し、借りていた機器を返却しないといけません。
リース会社と合意できれば、リース期間を延長もできます。
契約期間に注意は必要ですが、この期間から外れない限り、自分で買ったのと変わらないようにコピー機や複合機を使えます。
いわば「レンタルサービス」に近いですが、コピー機や複合機の「レンタル」というときは、リースサービスよりも借りる期間が短いことが多いです。

また、リースとして借りる場合、そのコピー機や複合機は元からリース会社が持っていたものではなく、新規契約に合わせてリース会社が新規購入する場合が多いです。
リースしたい機器を、リース利用者が好きに選べるのが利点ですね。
そのときの最新機器のリースもできるわけです。
これがレンタルだと、その会社が持っている中古機器の中からしか選べないこともあります。
このような違いもあり、一般的にはリースが多いので、コピー機や複合機を手軽に導入したいときは「リース」を使うといいですよ。