複合機リース契約の流れは? – コピー機リース情報探偵団

HOME » コピー機のリース情報 » 複合機リース契約の流れは?

複合機リース契約の流れは?

複合機を急いで導入したいとき、リース契約が便利ですよね。
このときになるべくスムーズに導入できるよう、この契約の流れも確認しておくといいですよ。
複合機のリースは、リース会社にお願いします。

まずは契約内容について相談しましょう。
ココで相談する内容は、希望する複合機の種類、リース期間、料金、料金の支払い方、リース開始日時、アフターフォローの保守点検契約の有無などです。
いわばリース契約の大枠を最初に決めるわけですね。
よくわからなければ、リース会社とよく相談するといいでしょう。
リース会社からも、こちらの希望にあわせた契約内容の提案を受けることもあるでしょう。
そのときは、契約内容について間違いや問題がないか、よくチェックしてください。

特に確認したいのが、リース期間とその料金、料金の支払い方です。
複合機のリース期間は3〜6年が標準ですが、この範囲で希望に合っている期間になっていないと、もう不要になったのにリースが続いたり、逆にまだ必要なのにリースが終了したりと、不都合が多いですよね。
自分のものではない複合機を期間限定で借りる契約になりますから、その期間は要チェックです。
もちろんその料金も大事ですね。
料金は月額料金で表示されるのが基本ですから、それを12倍したときの年間費用、全リース期間でかかる合計費用を計算してください。
その金額が支払えるものか、その金額が事前に聞いていたものと間違いがないか、必ずチェックしてくださいね。
さらに、その料金の支払い方も要チェック。
毎月の月額料金を支払う形が多いですが、場合によっては前払い方式となることもあります。
支払方法がずっと同じか、一定の条件で変更されることもあるのか、これらも要確認ですね。

ちなみに、一度契約を結ぶとリースの途中解約はできず、契約時に決めたリース期間分の料金の支払いが必要です。
だからこそ、事前に契約期間や料金、料金の支払い方はチェックしておいてください。
これら契約内容を固めて申込みし、リース会社の審査に通れば、あとは正式に契約書を作ってリース開始となります。