複合機・コピー機をリース途中で変更はできるの? – コピー機リース情報探偵団

HOME » コピー機のリース情報 » 複合機・コピー機をリース途中で変更はできるの?

複合機・コピー機をリース途中で変更はできるの?

複合機やコピー機をリースで導入すると、新規購入資金を用意せずに済みますし、面倒な事務手続きも省けます。
とても便利ですが、リースは契約期間を定めた上で借りている形になります。
この契約期間が終わる前に、複合機やコピー機の機種を変更したくなることもありますよね。
たとえば、リースで導入した複合機やコピー機に思ったような性能がなく、業務に支障をきたすようなときです。
せっかく導入した複合機なども、思った通りに使えないなら意味がないですよね。

こんなとき、自分のものなら自分の判断で処分や売却、変更ができますが、リース契約の場合、目の前にあっても所有権はリース会社のものです。
コレを変更できるかどうかは、あくまでリース会社の判断によります。
これができるのかどうか、少し微妙なところですが、できることはあります。
リース契約が満了するまでの機種変更もOKとしている会社もあり、その場合は希望に応じて契約を結び直しとなります。
このような対応が可能で、このときに希望する複合機やコピー機の機種を伝えれば、それで機種変更できますね。

ただし、無条件での機種変更はできないことが多いです。
新規リース契約を組むとき、機種変更前のリース契約やその残金も含めて検討され、それらを合わせた内容となることが多いです。
この関係で、完全に新規でリース契約を組むときより、リースの合計代金が少し高くなることもあります。
契約途中での機種変更自体はできることもありますが、それにかかる費用はよく確認した方がいいですね。
また、途中での機種変更ができるのか、各リース会社によって違いますので、よく確認してください。

リース会社によっては、契約途中での機種変更を不可とする場合もあります。
複合機やコピー機のリースは基本的に途中解約できませんので、機種変更ができないケースも多いです。
この場合、どうしても機種変更したければ、一度リース代金を全額支払い、リース契約を一度終了させたあと、変更したい機種でもう1度リース契約を結び直すという形になります。